成分、添加物、飲みやすさなどさまざまな角度からサプリメントを徹底調査しています

焼きたくない!と思うのはどんなとき?年代別50人に聞いてみました

公開日:2017年4月13日 | 最終更新日: 2017年6月22日

どの部位の日焼けが気になる?
 

女性にとって、紫外線対策は悩みのタネですよね。

焼きたくない!と思っていても、いつの間にか日に焼けてしまって赤くなってしまう。。なんて経験、あなたにもありませんか?

今回は、50人の男女に対し、「あなたが焼きたくない!と思うときはどんなときがありますか?」というアンケートをとって調査してみました。年代別で、さまざまな回答をいただいており、なかなか興味深い内容となっています。

年代別にご紹介していきますので、焼きたくない!と思う方はチェックしてみてくださいね。

調査概要

調査方法:インターネット調査(WEBアンケート)
調査期間:2017年03月04日 〜 2017年03月18日
調査エリア:全国
回答者:10代〜50代の男女(50名)

今回行った調査について

焼きたくないグラフ1

今回行った調査の年齢別割合は以下のようになりました。

10代:2名
20代:16名
30代:24名
40代:5名
50代:3名

計50名へアンケート調査を行いました。

全年代の方から回答はいただいていますが、30代、20代の方からの回答を多くいただいています。

それでは、年代ごとに調査結果をお伝えしていきたいと思います。

10代の男女に聞いた「焼きたくない」と思うとき(2名)

焼きたくないpic2
学祭や学校イベントで校舎から出ている時、特に夏場や初夏にかけて体育祭のような長時間手足を陽のもとに晒すようなシチュエーションの時、日焼けしたら嫌だなーと感じます。

10代 にしこ
体育の授業とか、外にずっと出ているとき。真夏の日、太陽が頭上に上っているとき。暑いしすぐに焼け焦げそう。

10代 にちりん

10代の方からの結果はこの2名だけになります。
やはり10代だけあって、学校の授業や行事で焼きたくないと思っているときが多いようですね。体育の授業などでは長袖を着るわけにもいかず、ずっと屋外にいることも多いのでなかなか日焼け対策をするのが難しいのが現実です。

20代の男女に聞いた「焼きたくない」と思うとき(16名)

焼きたくないpic3
明らかにシミやソバカスがふえていると実感したとき。これ以上増やしたくない為、焼きたくないと切実に思います。
さらには、日に焼けてしまって不格好なあとが残ったとき、人目にさらすのが恥ずかしいので、もうこれ以上は焼きたくないと思います。

20代 はる
私は毎日焼きたくないと思っています。子供の頃、日焼け止めもつけずに外で遊んでいたので、その影響で25歳を過ぎてから、小さなシミが顔にできました。それ以来、外に出る時は必ず日焼け止めをつけますし、海に行ってもウォータープルーフの日焼け止めを塗り、毎日焼きたくないと言っています。

20代 りなりな
年々、ほくろやそばかすが増えている事を発見したとき。後で後悔して、暑化粧になっていくので、焼きたくないなと思います。

20代 きら

20代の方は、やはりお肌にシミやほくろ、そばかすが増えてきたと実感していることが多いようです。10代の頃まではあまり意識していなかったシミやそばかすが、日焼けによって増えているのを感じてくる年代ですので、日焼け対策はしっかりと行っていきたいものですね。

20代 その他のアンケート結果はこちら

学生時代の時にテスト勉強をしに友達の家に行くと親に言って海に遊びに行った時に日焼けしたくないと思いました。
理由は親に長時間外で遊んでいたのがバレるからです

20代 DK

去年の夏から外仕事を始めたのですが、妻に黒くて気持ち悪いと言われた事がありそれから日焼けしないようにしています。

20代 匿名

年中思っていますが、特に夏や曇りの日など紫外線が強いときに思います。母親や、祖母など歳をとった人にシミができたなど聞くと焼きたくない!と思います。

20代 めーぷる

昔日焼けしまくっていた母親の顔や身体にあるシミをみると、自分も年をとるとこうなってしまうのかと不安になり、若い頃から日焼け止めをこまめになるようにします。

20代 ぽんた

春や夏のバーベキュウの時は非常に焼きたくないと思ってしっまいます。バーベキュウは自分も好きで参加もしたいのですがバーベキュウに日焼けは必需なのですごく困っています

20代 つぐつぐ

道行く人や職場の人が黒くなっていたり変な焼け方をしているのを見るとあんな風になりたくないと思います。

20代 さき

道行く人や職場の人が黒くなっていたり変な焼け方をしているのを見るとあんな風になりたくないと思います。

20代 さき

焼けると疲労もかなり増すし、疲労軽減の妨害や、ちょっと引っかいたくらいでミミズ腫れができたり肌に色々な負担ができるから

20代 りりたまろ

もう少ししたら温かくなってくるので、8ヶ月の娘と散歩に出かける機会がこれから増えてくると思うので、紫外線が強くなるこれからの時期が特に焼けたくないなと思います。

20代 アクア

私が肌を焼きたくないと特に思うのは、雪の積もっている時期の晴れの日です。冬は日焼けなんて気にならない人もいると思いますが、雪に紫外線が反射して、至る所から紫外線が来ていると感じます。

20代 なみ

日差しがものすごく強くて、外に出た瞬間から肌がジリジリいっているときです。また、日焼け後のヒリヒリしてるときです。

20代 かるから

秋に、久々に友達と会ったとき、夏に彼女と海に行って色が黒くなっちゃったとリア充を自慢されたときです。

20代 から

コンクリートの照り返しがキツかったり、日差しが強いと感じる時は肌を焼きたくないなと思います。日焼けするとヒリヒリするタイプだからかもしれません。

20代 ジョン

日焼け跡にホクロができやすい体質なので、顔や首回りなど服で隠れきらない場所に増え始めた時はこれ以上焼きたくないと思います。

20代 しゅーくりーむ

30代の男女に聞いた「焼きたくない」と思うとき(24名)

焼きたくないpic4<
洗濯ものや布団を干している時です。私は、部屋干しをしたくないので、天気が悪いときは洗濯ものがたまります。日々忙しい時も洗濯ものがたまったりして、大量に洗濯ものがあると、干すのにも結構時間がかかり、そこに布団が加わるともっと時間がかかります。なので、日焼けが気になるし、しかも遊びで日焼けするわけではないので、こういうときに「絶対焼きたくない!」と思います。

30代 こんがり
夏場になると日差しがつよくて、家族と出掛けた時に結構日焼けするんですよね。鏡で見たときに絶対日焼けしたくないと思います。

30代 たくや
夏に子供とよくプールに行くのですが、日差しもかなり強いので焼きたくないなと思います。1回行っただけでも、かなり焼けます。

30代 もも

今回のアンケート結果では、30代の方が24名と一番多く回答をいただいています。30代のお悩みとしては、やはり家族との行事や日常の家事の際の日焼けに注意しているという声が多かったです。20代に引き続き、お肌のシミやシワが非常に気になる年代ですので、みなさん念入りに注意していますね。また、手の甲や顔など、なかなかケアすることができない部分の日焼けにも気をつけているという声が多いと感じました。

30代 その他のアンケート結果はこちら

春夏に買い物に行くときです。日傘を差して日陰を歩くようにしていますが、スーパーへは橋を渡らなくてはならず、その間は日陰はありません。また風も吹くので日傘もちゃんとさせないときがあり、春夏の買い物は憂鬱です。

30代 まーちん

学校や会社等の人がたくさん集まる場所に行くときに焼きたくないと思います。自分だけ日焼けしていると、何だか息苦しく感じるからです。

30代 タクシー

スキー焼けが一番焼きたくないと思います。
まだ、夏の日焼けはいいのですが、スキーメガネ周りが焼けてしまうのが一番恥ずかしく当分外に出たくなくなります。

30代 さくれ

海に行ったときには、焼きたくないと思い、日焼け止めクリームを念入りにぬるようにして気を付けています。

30代 たじ

夏の暑いときに外出しなければいけないときは、絶対に日焼けしたくないと思い、日焼け対策をしっかりするようにしてます。

30代 じじき

春から秋にかけての時期、車を運転するときに肌が出ている部分があると、特に腕など服に隠れている部分と肌の色の違いが出てしまうのが嫌で焼きたくない!と思う。

30代 まふまふ

子供を遊ばせに公園に毎日行きますが、日焼け止めクリームを塗ったり帽子をかぶっていても、顔に日光があたっていると日に焼けている気がして、焼きたくない!と思います。

30代 まちこ

毎朝、鏡で顔を見たときにシミがありました。その時にいつも「焼きたくない!」と思い、紫外線対策を必ず行っています。

30代 けんこう

やっぱ夏に海や山に出掛けた時ですかね。自分は元々肌が黒いので、これ以上日焼けすると、結構回りからからかわれたりするので。

30代 るい

日焼けはシミ予備軍を作ってることに繋がってくるため、将来、それらが悩みの種にならないよう普段から肌を焼かないよう心掛けています。

30代 MS

テレビや何かの特集で紫外線の肌へ与える影響を特集していたのを拝見し、「焼きたくない!」と思いました。

30代 ひやけさん

紫外線が強くなってしばらくした初夏頃に、入浴時や更衣時に鏡で自分の腕や足と、胸からお腹部分を見比べた時に、少しでも色が変わっていて腕や脚が日焼けしているのを見ると、きれいな白い肌の胸やお腹部分の肌質と日焼けした手足の肌質が違う、手足は荒れている、と感じで、焼きたくない!と思う。

30代 まふまふ

結婚式を一年後に予定している間は絶対に焼きたくありませんでした。 日焼けしていると白いウェディングドレスを着ると肌の黒さが際立つので。保育の仕事中も日焼け対策万全で死守しました。

30代 こはや

色白の女性の隣に並んだ時。自分と比較してしまうのと、色が白い方がパステルカラーもはっきりした色の洋服も似合うし、メイクの色も映えるなぁと改めて認識してしまうため。

30代 motimoti

日焼けサロンで完璧に焼いたあと、突然、友達の結婚式に招待されてしまいフォーマルな服装に焼けた肌というのは格好が悪かったです。それ以来、焼きたくないと思っています。

30代 やまだ

夏休みなどで海水浴に行った時です。海水浴だと背中の皮まで向けて後がヒリヒリと痛くなってさしまいます。光の反射が凄いです。

30代 たなかあき

結婚式などのイベントで白いカッターシャツを着る場面があるあときです。
白いものを着ると目立ちすぎます。

30代 まやらなは

小麦色の肌に憧れて、日焼けサロンでばっちり焼いてみたのですが、なぜか彼氏に「思ったより似合わないね」と言われてしまったとき。

30代 ごろう

彼氏ができたばかりの時です。男の人は色白できめ細やかな肌が好きだと思うので、そのイメージを壊さないように焼きたくないと思います。

30代 りりー

焼いた後に赤くなり、火傷みたいになってしまった時。
ひどい時はその後水ぶくれができたり、皮がめくれてしまったりしてしまいます。

30代 坂

オールシーズン、毎日、常に焼きたくありません。美白命ですので、洗濯物を外に干す際にも、必ず日焼けを塗ってから洗濯物を干します。

30代 バナナ

40代の男女に聞いた「焼きたくない」と思うとき(5名)

焼きたくないpic4
外回りで一日外にいた時。会社に帰ってきて「どこでサボっていたんだ?」と同僚から疑いの目で見られてしまいます。

40代 ハマゾウ
毎朝、洗濯物を外に干す時は日焼けしたくないです。
日中、お出かけする時は日焼け対策もしっかりしているのでむしろあまり気にならないんですけど、朝はバタバタしていて日焼け対策が後回しになりがち。
洗濯物を干すのなんて短い時間ですけど、その間に手の甲とかも焼けちゃうんですよね。

40代 ジョモコップ

40代も、30代と引き続き、レジャーというよりも生活のなかのワンシーンで焼きたくないと思うことが多いようです。また、同窓会や新年会など、大勢の人と会うイベントなどでも日焼けを意識していることがうかがえます。

40代 その他のアンケート結果はこちら

中学生高校生位の時から太陽アレルギーと診断された事があります。その年の体調にもよるのですが、日光に当たると直ぐに顔が赤く日焼けして痒くなり、顔が腫れて来ます。寝不足などの影響するのですが、その時は日焼けしたくないと思います。

40代 kaku11191119

次の日に、ワイシャツにネクタイ着用しなければならない時。首がヒリヒリするのは耐え難い痛みで集中できなくなります!

40代 ハマゾウ

同窓会や新年会などのイベントで、たくさんの人と出会うときです。夏はともかく、冬に焼こうものならどのような奇異な目で見られるかわかりません。葬式では社会人としての常識を疑われてしまいます。

40代 バートル

50代の男女に聞いた「焼きたくない」と思うとき(3名)

焼きたくないpic5
真っ黒に日焼けしてシミがたくさんできている人を見かけた時と、逆に年配でも色白でシミがなく綺麗な肌の女性を見かけた時。

50代 たいちゃんママ
前日にも肌が焼けていて、まだヒリヒリと赤く腫れている時や、仕事などで疲れて身体の調子が良くなく何をするにも気分が乗らない時です。

50代 外国人顔のおじさん
着物を着ることがあるので、腕や首筋もちろんですけれど顔も・・。日焼けしていると着物に合わなくなってしまうので焼きたくないです。
休みの日にうっかり焼いてしまうと、翌日どこに行ったのかなど追求されるのでやはりやきたくないです。

50代 mayurope

50代からの回答はこちら3名だけとなりました。肌の白い人と比べて「焼きたくない!」と思ったり、他人からの詮索が嫌で焼きたくないと思ったりするようです。この辺は全年代変わらない感じですね。

アンケート調査まとめ

今回のアンケートでは、10代〜50代の男女50名をもとに回答をいただきました。アンケートを取る前までは、海や川、バーベキューなどのレジャーで焼けるのがイヤという人が多いのかなと思っていましたが、数としてはそこまで多くなく、むしろ家事や日常のイベントなど、生活の中での日焼けがイヤと思っている人が多いということが印象的でした。

また、20代、30代の方が圧倒的に回答率が高く、紫外線や日焼けをかなり気にしているところも再確認できた結果だといえます。

日常の中で常に日焼けを意識することはなかなか難しいかもしれませんが、30代くらいから他人と比較して色が白くなりたいという回答が増えてきていますので、自分のできる範囲で日焼け対策をすすめていくことができたら良いですね。