成分、添加物、飲みやすさなどさまざまな角度からサプリメントを徹底調査しています

日焼け対策に毎月いくらお金を使う?年代別50人にアンケート調査した結果は・・・

公開日:2017年4月14日 | 最終更新日: 2017年6月22日

日焼け止め対策に使っているお金
 

夏に向けて、気になる日焼け対策のシーズンがやってきました。

女性にとって日焼け対策は悩みのタネなのは当然のことなのですが、日焼け対策にはお金もかかってしまうところがさらに頭を悩ませる事になってませんか?

ここでは、50名の男女を対象に、「あなたは日焼け対策に毎月どれくらいお金を使っていますか?」というアンケートをとり、調査をおこなってみました。使っている金額はもちろん、どのような日焼け対策をしているかもお答えいただきましたので、非常に面白いアンケート結果になったと思います。

ここでは、調査結果を使っている金額が安い順番にご紹介していきますので、人がどのような対策を行っているか知りたい方や、日焼け対策の金額を抑えたいと考えている方はチェックしてみてくださいね。

調査概要

調査方法:インターネット調査(WEBアンケート)
調査期間:2017年03月08日 〜 2017年03月22日
調査エリア:全国
回答者:10代〜50代の男女(50名)

今回おこなった調査について

日焼け止め価格グラフ1

今回は、毎月日焼け対策にかけている金額を

  • 1,000円未満
  • 1,000円〜2,000円
  • 2,000円〜3,000円
  • 3,000円以上

の4種類に分類して、分類した金額ごとに、詳細額と年代、その使いみちなどをアンケート調査しました。

上図のとおり、毎月使っている金額が1,000円未満という結果が圧倒的に多くなっています。

日焼け止め価格グラフ2

また、今回のアンケート結果の年代別分布は、上手のようになっています。

日焼けをはじめ、スキンケアに敏感な30代の方に続き、20代の方の声が多い結果となりました。

ということでさっそく、1,000円未満の方の調査結果からご紹介していきたいと思います。

日焼け対策に使っている金額が毎月1,000円未満(27名)

日焼け対策に毎月使っているお金が1,000円未満の方は、

10代:2名
20代:6名
30代:16名
40代:3名

の計27名でした。

1,000円未満の方の声は以下になります。

使っている金額:500円以下
ドラッグストアで安く売っているミルクタイプかジェルタイプの商品を使用しています。
塗りやすいことが重要です。子供と一緒に使っていますが、ひと月に1本も使わないので実質日焼け止めに使う金額は500円以下になっていると思います。

20代 ななこ
使っている金額:平均700円
日焼け止めクリームを年間2個は買い替えます。それと、日焼け防止の長手袋、帽子や、日傘の買い替えがあるので、月平均で考えました。長手袋は、真夏は毎日使うので、洗い替えが欲しいので、3セットは持っています。

30代 ぱんな
使っている金額:平均すると300円ほど
日焼け止めは毎月買うわけではないので1年の平均にすると300円ぐらいです。
顔は日焼け止めが入っているBBクリームを1年中使用しますが、いい化粧品メーカーのものではなく薬局で売っているものを使っています。
紫外線が強く感じてきたら、腕や首の露出している部分に使用しますが、夏場だけなので1~2本購入するぐらい。これも薬局で売っているものを使いますのであまりお金をかけていません。

20代 ちゃいこ
1,000円未満 その他の調査結果はこちら

使っている金額:1,000円以下
日焼け止めは毎日外に出るときは塗り、落ちた頃に塗りなおすので、すぐになくなります。そのためにお金をかけています。夏は特に、きつい日焼け止めを塗ることが多いです。そしてそれをしっかり落とすためのクレンジングも購入しています。

10代 りん

使っている金額:1,000円
 毎年、日焼けが気になる季節になると近所のドラッグストアに行って1,000円程度で日焼け止めを購入します。あまりお金をかけたくないので、ひと夏越せるくらいの量が入っているやつを好んで買っています。わたしの周りの友だちなどはもっと日焼け防止に熱心ですが、わたしは少しぐらい焼けても気にしないタイプなので、日焼け対策は最低限で済ましています。

10代 ぽっぽ

使っている金額:1,000円ほど
日焼け止めは夏場毎日使うのですぐになくなるし、1回に大量に塗るのではなくこまめに塗るのが効果的だと言われてから、そうするようにしました。
かなり消費量もすごいので、高いのではなく手頃なものをたくさん買うようにしています。

20代 かののん

使っている金額:1,000円程度
サンカットの日焼け止めクリームをいつも使用しています。クリームとスプレータイプの日焼け止めをいつも購入するのですが、2〜3ヶ月でそれがなくなるので、いつも買い足しています。その為、1ヶ月で換算すると1,000円くらいしか使っていないと思います。

20代 りなりな

使っている金額:1,000円
NOVの日焼け止めを購入して3ヶ月程度で使います。
日焼け止めを塗る部分は基本顔と首ですが、夏場等は腕や手、素足部分に塗っています。
冬は長袖になるので顔と首のみです。
使いにくいですが、やはりローションタイプよりクリームタイプの方がシミが出来にくいですね。

20代 ぽんぽん

使っている金額:1,000円くらい
UV対策できるBBクリームを使用しています。プチプラな化粧品なので、1,000円しないくらいです。特に長く外にいることがない限りは、毎日こちらのBBクリームで十分日焼け対策ができ、コストパフォーマンスも良いです。

20代 ナカコ

使っている金額:500円以下
ドラッグストアで購入した日焼け止めやスプレーがなくなったら購入するので、0円の時もありますが1,000円の時もあるので、使用量も考えると中央値が500円の価格となります。ファンデーションは美白ファンデーションですが、年に1度くらいしか購入しないです。3,000円前後のものを使っています。

30代 アサヒ

使っている金額:0円
実はまったく何もしていません。あえて言うなら、本当に光が強いなぁという日は、前々から使っている日傘をさす、グローブをするくらいです。日焼け止めを使っていた時期ももちろんあったのですが、べたべたするのが嫌いで、なくてもいいかな、、、と思うようになって、やめてしまいました。

30代 はっちゃん

使っている金額:500塩程度
体用のジェル系のスッと塗りやすい物を顔・腕・デコルテ、夏場は足の見えるところにもたっぷり塗ります。顔にはさらにSPFの強いものを重ねて塗り、時間がたって取れてきたと感じたら顔にはまた塗ります。塗る量が多くなるので安いものを買うようにしています。

30代 ひやけ

使っている金額:500円程度
私がしている日焼け止め対策は日焼け止めのクリームを塗るのみです。コーセーの日焼け止めジェルを購入して使っています。商品は700円ほどしますが、毎月買うわけでなく数ヵ月に一回のペースでの購入なので平均して1ヶ月に使う金額は500円くらいです。

30代 はるっち

使っている金額:500円くらい
日焼け止めにかかる費用は、500円くらいだと思っています。
日焼け止めクリームしか使っていないです。
一本買えば、数か月使えるので、一か月あたりにするとそのくらいの金額になるかと思います。
それ以上はお金かけたくないです。

30代 たぱあ

使っている金額:1,000円以内
予算1,000円以内で購入できる日焼け止めクリームを購入します。色々効用のあるクリームが各メーカーから毎年販売されますが、私は毎年ほぼ決まったメーカーの日焼け止めクリームを購入します。チューブタイプのクリームの方がこれまでの経験上使いやすいです。

30代 ぴーすけ

使っている金額:1,000円
主に毎日塗っている、日焼け止めのクリームの購入。また、日焼けしずらい肌を保つために、日々の肌ケア用のローション、乳液、市販のカット綿などの購入。さらに、日焼けしずらい肌をつくるための書籍などの購入です。

30代 よっつ

使っている金額:0~1,000円(季節による)
日焼け止めは年間を通して使用しています。ドラッグストアなどで買える低価格のもの購入しています。あとはビタミンcサプリメント、Lシステインも年間を通して飲んでいます。どれも一度買えばしばらくは使えるので、一ヶ月に平均すると1,000円程です。

30代 Rikano

使っている金額:1,000円程度
普段子どもとスーパーや習い事、公園に出かける時に使うために日焼け止めを購入しています。
子どもと共用できるように、肌に優しく効果が強すぎないものを選んでいます。
たっぷりと使いこまめに塗りなおしたいので、リーズナブルなものを探しています。

30代 やつこ

使っている金額:10円
年に一回ほど、レジャーで川や湖、海へ出かける際、100均で一本日焼け止めスプレーを購入するので、月換算するとそれぐらいの出費になります。
日焼けが嫌いではないのですが、ヒリヒリ痛いのが嫌いなので、熱を帯びてきたときなどにスプレーします。

30代 ドシリヤシ

使っている金額:約500円位
化粧水や乳液、美容液、化粧品下地等に日焼け止めの入ったものを購入してます。また、子供を日中に公園に連れて行く事が多いので、夏は帽子はもちろん、UV加工された、カーディガンを好んで着用してます。自転車に乗る際は、腕袋をつけるなど、気をつけています。

30代 rose.satom

使っている金額:500円~1,000円以下
日焼け止めで毎月購入するといえば日焼け止めクリームを購入します。特に車を運転する機会が多々あるので、腕や首に使用することが多いです。
顔はもちろん紫外線対策に日焼け止めクリームは出かける前には必ず使用します。

30代 ひやけどめこ

使っている金額:1,000円程度
日焼け止めクリームの購入代金が主になります。
そのほかには日中の外出はできるだけ長袖を切るなりの対策を行っています。
UVカットの衣類は大好きなので紫外線がきつそうなときはできるだけ購入するようにしています

30代 elmo0,128

使っている金額:600円
日焼け止めは600円のもの1つで、大体1ヶ月持ちます。
夏用のUVシャツやカーディガン、日傘なども使ってますが、1度買えばずっと使えるものなので、毎月の出費としては日焼け止め分だけです。
日焼け止めを落とすのも、通常のメイク落としで落としているので、専用品は買ってません。

30代 ミク

使っている金額:1,000円弱
私は、日焼け対策には日焼け止めクリームしか使用していません。
それなので、1,000円以内の日焼け止めクリームを、毎月購入しています。
主に顔に塗り、首回りや腕に塗っています。
私にとったら、日焼け止め対策としては十分です。

30代 さくらんぼ

使っている金額:1,000円位
春から秋は外出時に紫外線対策でspf35の日焼け止めクリームを塗っています。3,000円ほどの日焼け止めクリームを1年間で平均してだいたい4本ほど使っているので、1ヶ月あたり1,000円の計算になります。

40代 mikimouse

使っている金額:400円程度
私が使っている日焼け止めは「ビオレのアクアリッチウォータリーエッセンス」です。
これはサラッとみずみずしくて塗りやすいため、顔・体兼用にしています。
1本800円程度なのですが、大体2か月近くは持つため、月に400円程度かな…という計算です。

40代 まるまる

使っている金額:1,000円
顔には、季節に関わらずsp50++++等のUV対策もできるBBクリームを使っています。ドラッグストアで1,000円前後。これにプラスして、季節によって、春から夏はビタミンC(ミストや化粧水等)、秋から冬は美白効果の期待できる保湿剤やクリーム等(どちらも1,000円前後)を混ぜて使っています。
体には夏場のみ市販の500円位の日焼け止めを使っています。

40代 siroikuma

日焼け対策1,000円未満の方に多いのが、日焼けクリームやBBクリームなど、日焼け対策グッズ一点のみの利用ということです。ドラッグストアなどで購入したものを、2ヶ月〜3ヶ月で使ってしまうというかたが多いですね。

また、日傘や長袖など、自分でできる対策をしている方が多いのも印象的です。

では続いて、1,000円〜2,000円程度利用している人の声になります。

日焼け対策に使っている金額が毎月1,000円〜2,000円(6名)

日焼け対策に毎月使っているお金が1,000円〜2,000円の方は、

20代:1名
30代:4名
40代:1名

の計6名となりました。

以下、使っている金額と詳細になります。

使っている金額:平均したら2,000円くらい
シーズンによって買う頻度は違いますが、日焼け対策として購入しているものとしては、ソフィーナ美白化粧水、ソフィーナ高保湿乳液、ソフィーナプリマヴィスタ化粧下地、ビタミンC配合のフェイスマスク、春〜秋はビオレの日焼け止めです。

30代 シミ嫌
使っている金額:2,000円程度
UVカット効果の高い化粧下地と、体用の日焼け止めクリームです。私は焼けやすいためSPFの高いものを惜しみなく使うようにしているので購入のペースは早いと思います。また、毎月ではありませんが日傘やUVカット効果のある薄手の羽織物も買います。それらを平均すると月に2,000円くらいになると思います。

30代 うみっこ
1,000円〜2,000円 その他の調査結果はこちら

使っている金額:2,000
日に焼けると頭皮が痒くなるので、キュレルの頭皮保湿クリームを購入し、頭に塗っています。塗らないとフケや痒みがひどいです。営業の仕事をしているので、過度な日焼けはマイナスイメージになります。ですので、ウルオスの日焼け止めを薄く顔に塗るようにして日焼けのし過ぎを予防しています。

20代 jzk

使っている金額:2,000円
日焼け止めを顔用と身体用で買います。あと子供をプールに連れていくことがあるので、SPF、PAの高い物を買っています。ファンデーションはUV効果のある物を使っています。基本的に日焼け対策をするのは春~秋のはじめまでです。なので平均して月に2,000円です。夏はもっと使っています。

30代 もも

使っている金額:1,500円前後
日焼け止め、色々ありますが「顔、カラダ」に塗るタイプのもの(ミルクタイプやジェルなど)とスプレータイプの商品を購入します。後者の「日焼け止めスプレー」は手軽で忙しい時にシューっとスプレーするだけなので便利ですし使いやすいと感じます。

40代 グリーンさん

使っている金額:2,000円
沖縄県在住なので出かける時は腕や手の甲に日焼け止めクリームをします。夏はスプレータイプの日焼け止めを髪の毛にします。年中、ファンデーションの下には日焼け止め効果のある下地クリームを欠かさず塗っています。

30代 にもちゃん

1,000円未満の方々と大きく異なるのが、やはり複数の日焼け対策を行っているところです。美容化粧水や日焼け止めクリーム、スプレーなどを併用していることが多いようですね。

身体の部位ごとに異なる日焼け対策をしている方も見られます。

日焼け対策に使っている金額が毎月2,000円〜3,000円(8名)

日焼け対策に毎月使っているお金が2,000円〜3,000円の方は、

10代:1名
20代:2名
30代:4名
40代:1名

の計8名からお声をいただいています。

使っている金額:1,700~2,800円位
肌の露出度によって変わるのですが、長袖を着る時期。
手、腕、首等に塗る日焼け止め(3,500円を5か月位で消費)
化粧下地として使用する乳液(4,000円を4か月位で消費)
肌が日にあたりやすくなる半袖時期は、化粧下地は変化なしですが、手、腕等に塗る日焼け止めは多くなるので、3,500円を2か月位で消費します。

40代 tokumeikko
使っている金額:だいたい3,000円
日焼け止め1,000円くらい、化粧下地がなくなればそれを買うので2,000円、美白の化粧水が2,000円。毎月なくなるわけではないので3,000円くらいだと思います。曇りの日でもかならず日焼け止めクリームは肌が露出している部分は必ず塗ります。
下地もシミやソバカスができないようにUVカットのものを選びます。下地は顔と首まで塗ります。
外にずっといるときは塗り直しは数時間経ってよれてきたら必ずした方がいいです。
私が後悔していることは、親がちゃんと教えて子供の時からちゃんと対策したほうがいいということです。私はそれがなかったので、年齢を重ねた時にすごくその差がでることがよくよくわかりました。若い時の肌を守ることが一番大切だと思いました。

30代 キャロット
2,000円〜3,000円 その他の調査結果はこちら

使っている金額:3,000円
ボディは薬局などに売っているジェルタイプのするすると手軽に塗布できるタイプを使います。だいたい1,000円ぐらいです。そして顔には化粧下地に日焼け止め効果のあるものを使います。下地はだいたい2,000円ぐらいです。

20代 candy

使っている金額:2,000円弱~3,000円
メイクの下地には、必ずSPF20以上のものを使うようにしています。
その下地が大体ひと月に2,000円ほどです。
5月から夏にかけて紫外線が強くなるので、日傘をさしたりボディ用に塗る日焼け止めジェルなどを入れると
3,000円くらいでしょうか。

30代 ごろにゃん

使っている金額:日焼け止め化粧品代は毎月3,000円位です。
日焼け止めの化粧品は顔、ボディに使用します。あと、毎月掛かる費用のものではありませんが、日焼け止めの対策としまして、日傘、帽子、サングラス、UVカット効果のあります、カーディガン、パーカー、手袋です。

30代 みかん

使っている金額:3,000円
特に高いものを使ったりはしていません。ですが、正しい日焼け止めの塗り方をすると結構 消費が早くてすぐに新しい日焼け止めを購入します。また、効果のありそうなものを見つけると試してみます。皮膚を健康に保つことも日焼け対策の一つだと思うので夏場でも保湿は怠りません。

10代 なつき

使っている金額:3千円ほど。
 私の日焼け対策は、丁寧な洗顔と日焼け止め美容液を塗り直すことにあります。車の運転などで、うっかり日焼けをしてしまいますが、うっかりの日焼け対策には、それを跳ね返す元気な肌づくりが大切だと思っています。
 洗顔は、固形石鹸で丁寧に洗い、化粧水で潤す。日焼け止めは数値の低いものをこまめに塗る。これが、肌への負担が少なく、日焼け防止の肌をつくる秘訣です。私はこれで、日焼けには悩まされていません。丁寧なケアが、おすすめです。

30代 キャラメル

使っている金額:3,000円
日焼け止めのみの使用です。
人によっては日傘等使用する方もいらっしゃいますが、日傘を持つとなると手がふさがりますし、日傘をたたんで鞄にいれるとなると鞄自体も大きくなってしまいます。
なので私は化粧ポーチに入るサイズの、持続力のある日焼け止めを使用しています。

20代 たろ

日焼け対策で毎月にかかる金額が2,000円〜3,000円の方は、やはり複数の日焼け対策を使っているのが基本となっています。化粧下地が毎月2,000円程度するので、その分のコストがかかっている印象です。

日焼け対策に使っている金額が毎月3,000円以上(8名)

日焼け対策に毎月使っているお金が毎月3,000円以上は、

20代:3名
30代:5名

の計8名の声をいただいています。

使っている金額:約17,500円
日焼け止め 約2,500円
「シミ・そばかす対策用サプリメント」3,980円
「プラセンタ サプリメント」3,060円
「しじみサプリメント」約4,000円
「美容スムージー(マンゴー味)」1,980円×2

しじみサプリメントは肝斑対策に良いと聞いたので飲んでいます。

20代 empty.real
使っている金額:7,500円
大体の値段ですが、UVミルク・ジェル2,000円のもの+1,000円のもの、美白化粧水3,500円、美白フェイスパック1,000円(月1購入)。
その他、帽子・手袋・日傘などを使用していますが、毎月買うものではなく、新調しない年もあるので問3には含めませんでした。

30代 moimoi
2,000円〜3,000円 その他の調査結果はこちら

使っている金額:1万円くらい
紫外線が気になり始める季節になったら日焼け止めクリームやスプレーの購入。(必要に応じて帽子・ストール・アームカバーなどを揃える)
クリームは無くなりそうになったら都度買い足す。
デザインや機能性に優れていそうなら紫外線カットの衣類を購入する場合もある。

30代 moako

使っている金額:夏は3,000~4,000円、それ以外の季節は1,000円程度
夏は日焼け効果の強い日焼け止め(~3,000円位)と日焼け止め効果のあるファンデーションもしくはフェイスパウダー(1,000円位)を購入しています。
それ以外の季節はフェイスパウダーだけを購入しているので1,000円位になります。

20代 りんごあめ

使っている金額:3,500円
紫外線アレルギーなので、日焼け止めを毎日塗っています。1本60g入りで3,500円という日焼け止めクリームを使っているのですが、化粧下地代わりに毎日使用するうえに、頬や鼻の頭などの凹凸があって紫外線を浴びやすい部位は4度塗りするので1ヶ月で1本使い切ってしまいます。ですから毎月3,500円使ってしまいます。

30代 tona

使っている金額:5,000
体に使う日焼け止めクリームを毎月購入します。多いときは月に2本。顔へはUVの化粧下地や、美白化粧水など。化粧直しにも使えるスプレータイプも常に持ち歩いています。髪にも使えるタイプを選びます。小まめに使用しないと意味がないため、スプレーなどは月に2.3本です。

30代 美白ちゃん

使っている金額:0~5,000円
東北に住んでるので、秋冬はわりと厚着なので日焼け止めは買いません。春夏は薄着になるので、肌に塗る量が多い日焼け止め、ベースメイクとして使える日焼け止めを数個買います。特に顔に塗る日焼け止めは、肌があれないようになるべくいいものを使いたいので、少し高いものを使います。大体1年で買う日焼け止めの数は5~6個くらいです。毎年いいものが出てるので、選ぶのも大変です。

20代 はるねこ

使っている金額:4,000円くらい。
日焼け止めクリームやファンデーション(下地含む)、日傘、帽子、運転中に腕にはめる日焼け防止用のグローブ等。一年を通して使うものをと考えて計算すると、消耗品は月額にして約4,000円くらいになると思います。

30代 dina

日焼け止めで毎月使う金額が3,000円以上の方のなかには、17,500円という方もいてビックリ!美白化粧品などに加え、日焼け止め用のサプリメントなどを利用しているとのことでした。

日焼け止めスプレーやクリームは、多い方でしたら月に2回購入するとのことで、非常に念入りに日焼け対策を行っている方が多いです。

まとめ

日焼け止め価格の写真

今回の調査では、月間に日焼け対策でどれくらいの金額を利用しているのかを調査しました。

1,000円未満の方が非常に多い結果となりましたが、化粧下地やスプレーなどを併用している方も多く、なかには10,000円以降使っているかたも見られました。

個人の体質や住んでいる地域の差もありますので、一概に金額が安いからコストがかかっていないという結論にはならないと思いますが、どの価格帯の方がどのような対策を行っているのか非常に勉強になりました。

この記事とお財布の様子を見ながら、自分にあった日焼け対策を探してみてくださいね。