気になるサプリを体験レビュー!口コミや効果、成分で徹底比較しています

知っておきたい!糖尿病の基礎知識

 

pictures135_450

日本人の5人に1人が高血糖と言われ、糖尿病は非常に身近な病気のひとつとして良く知られています。あなたも身近に高血糖、糖尿病の方がおられるのではないでしょうか。

ここでは、日本人にとって非常に身近な存在である糖尿病について、その合併症の恐ろしさやメタボとの関係、血液検査の検査基準など、知っておきたい基礎知識についてお伝えしています。

 

糖尿病とは

糖尿病はすい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞で作られるインスリンが、全身へ運ばれず機能へ障害を与えてしまう疾患です。

私達の体は、ご飯を食べることで血糖値が上がり、血糖値を抑えるためにインスリンが分泌されます。全身の臓器へインスリンにより血糖を取り込まれることで、、エネルギーやたんぱく質の細胞増殖を促すなどの働きがあります。

インスリンが働いてくれないと、血糖値が増えてしまい高血糖となってしまいます。そのまま放置しておくと、血管がボロボロになり全身へ酸素や栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

 

糖尿病で本当にまずいのは合併症

糖尿病だと気が付かず、症状が進行してしまうことがよくあります。高くなった血糖値をコントロールせずにいると、合併症を引き起こしてしまい、命を危険にさらす怖い症状と化してしまう事もあるのです。

【慢性合併症】

・細小血管障害

糖尿病網膜症:

光を感じ取り視覚情報へ変換する網膜の血管に障害が出ることで、目が霞んで見えたり視力が下がるなどの症状が起こります。

糖尿病腎症:

腎臓の働きが悪くなることで高血圧や体のむくみが起こります。進行すると腎不全など命に関わる重病となり人工透析が必要となります。

糖尿病神経障害:

神経細胞や毛細血管に影響が起こり、しびれや触られている感覚が鈍くなるなどの症状が起こります。

・大血管障害

脳卒中:

脳卒中の種類の中でも、血管が詰まる事で発症する脳梗塞、脳の血管が破れてしまう脳出血が最も多いです。後遺症や命に関わる病気です。

心筋梗塞:

心臓へ栄養や酸素が送られず、血管の動脈硬化により心臓の一部が壊死したり機能が行われなくなってしまう病気です。

閉塞性動脈硬化症:

手足の血管の動脈硬化が起こり、寝てるのに手足が突き刺すように痛む、一定距離を歩くと足が痛くなるなどの病気です。

【急性合併症】

糖尿病ケトアシドーシス:

血液中の残る糖が全身の血管や神経に障害を起こし、多尿や意識障害、昏睡状態を引き起こす病気です。

高浸透圧高血糖症候群:

インスリン作用不足により、意識障害や倦怠感、体重減少などを引き起こす病気です。

感染症:

免疫力が低くなっている状態であるため、膀胱炎やインフルエンザ、皮膚感染などを引き起こしやすくなります。

 

糖尿病がわかる自覚症状を知りたい

実は糖尿病は「サイレントキラー」と呼ばれるほど、自覚症状がないまま病状が進行してしまう怖い病気です。でも普段の生活の中で、いつもとちょっと違うなど少なからず症状がありますので、こんな異変を感じたら気をつけて下さい。

  • 尿の回数や量が増える
  • 喉が乾きやすい
  • たくさん食べても太らない
  • 疲れやすい
  • 倦怠感がひどい

普段より疲れやすいのを年齢のせいにしていませんか?

糖尿病は甘い物ばかり食べている方や年配の方に起こる病気と感じている方も多いのですが、10代や20代の男女問わず患う可能性がある病気です。

 

糖尿病とメタボは関係がある?

糖尿病の主な原因は、遺伝的体質、食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足が背景にあります。いわゆる生活の乱れですね。

このような生活をしていると、当然ながら代謝が行われず肥満体型になってしまうのですが「肥満=メタボ」はまた別の話しという事をご存知ですか?

肥満とは:体に脂肪が蓄積した状況

メタボとは:内臓脂肪が蓄積した状況

どちらも同じに感じますが、肥満体型の方は全世界を見るとたくさんいます。ですが全員が全員、糖尿病を患っているかといえばそうではありません。

実はメタボリックシンドロームは、インスリン作用を受けにくい細胞である事が多いのです。その為、メタボは糖尿病の予備軍ともいわれております。

メタボだから必ずしも糖尿病になるとは限りませんが、生活習慣病を患いやすい体であるということは十分に理解しておく必要があるのです。

 

糖尿病と診断されるまでの検査

糖尿病の検査は血液検査で行われます。いくつかの検査で行われ、血糖値の数値によって糖尿病と診断されます。

【随時血糖検査】

食後に採血を行い血糖値を測る検査

【早朝空腹時血糖検査】

検査日は絶食の状態で採血し血糖値を測る検査

【75g経口ブドウ糖負荷試験】

10時間以上絶食をしたのち採血し血糖値を測る検査

 

糖尿病の種類と違いについて

【1型糖尿病】

インスリンを作るすい臓のβ細胞が、何らかの原因によって壊れてしまうのが1型糖尿病の特徴。

主に10代の子供などが患う糖尿病がこのタイプで、体内でごく少量しかインスリンが作られないため、インスリン注射が必要となります。自覚症状なしに突然発症する糖尿病です。

【2型糖尿病】

体内で作られるインスリン量が減少、またはインスリンの働きが悪くなってしまうのが2型糖尿病の特徴。

日本人の約95%がこのタイプです。最近は10代や20代でも発症するケースが多く、自覚症状が全く無くて健康診断で症状を知るケースが多いです。普段から血圧が高い方は、糖尿病を患う確率が高いといわれています。

【妊娠糖尿病】

妊娠したことにより血糖値を上げやすいホルモン分泌により、糖代謝異常が起こってしまうのが妊娠糖尿病です。

身長に対しての体重が多い、身内に糖尿病を患っている人が居る、早産や流産経験があるなどの方は、血糖値が上がりやすいといわれています。

 

糖尿病は治る病気?今から気をつけるべき事とは

糖尿病と診断されたら、残念ですが現在の技術では完全に治すことが出来ない病気です。

これまでの生活習慣や先天的遺伝などにより、インスリンを作り出すすい臓のβ細胞が機能しなくなってしまうとインスリンの分泌は行われません。インスリンの分泌量が元々少ない体質の場合、遺伝体質を改善することが出来ないので、糖尿病の完治は難しいのです。

完治は難しくても、食事や運動、医師により処方された薬で併用して治療することで、血糖値のコントロールをすることは可能です。

また、血糖値が元々高く不安な方は今からでも出来る予防対策はあります。血糖値を下げる食事改善や運動も重要ですが、毎日気をつけると言っても限度があります。

ストレスも血糖値を上げる原因の一つなので、サプリメントなどを取り入れてストレスなく快適に過ごせる毎日を送ることも、糖尿病を予防する改善策となりますよ。