気になるサプリの総合情報サイト

血糖値についての基礎知識

このページでお伝えしたいこと

     

    pictures187_450

    ある程度の年齢を重ねると、気になってくるのは「高血糖」という方も多いのではないでしょうか。また「糖尿病」が気になる方も大勢いらっしゃるでしょう。それらは血糖値の上昇が原因となることが多いのです。

    腹部が太ってきたことを気にしつつ、漠然とそういった心配を抱えつつも、今まで積極的になにも対処してこなかったという方もいらっしゃるはずです。ではなぜ人は血糖値が高くなり、そこから起因するリスクとしての糖尿病になりやすくなるのか、生活習慣また、改善方法についてまとめます。

     

    なぜ血糖値は高くなってしまうのでしょうか?

    血糖値とは血中のブドウ糖の濃度です。ですからもちろんブドウ糖のもとでもある炭水化物をとれば血糖値は上がります。もしくは糖分の多い食事をとればもちろん血糖値も上昇します。けれど血糖値を上げるのはそういった単純な理由からだけではありません。

    成人病のもとでもあるストレス、暴飲暴食、肥満、運動不足などの生活習慣もまた血糖値を上昇させます。またそれ以外にも経口避妊薬や副腎皮質ホルモンといった薬剤も血糖値を上昇させるという副作用がありますので、医師によく相談した方がよいでしょう。

    そして仕事上の付き合いなどでお酒を飲むことが多い方もいらっしゃるとは思いますが、それも血糖値を上昇させる要因となってしまいます。それらがなぜ血糖値を上げるのかというとそれは「インスリン」というホルモンが大きくかかわっているのです。

     

    インスリンとは

    血中のブドウ糖を制御する働きを持つのがインスリンというホルモンです。ブドウ糖はインスリンによって分解さ細胞のエネルギーとなるのです。

    ガスでお湯を沸かそうと考えた場合、水を熱湯に沸かすエネルギー源は、この場合ガスです。そのようにもちろん人間の体には、ブドウ糖がいきわたることによって生きていけるわけです。

    そのブドウ糖を制御しているインスリンは膵臓のβ細胞によってつくられています。このβ細胞が食事を血中の糖が増えるとインスリンを分泌させるのです。そしてインスリンが不足したり、インスリンの力が弱まってしてしまうと、血中に糖の割合が高くなり、「高血糖」になってしまうのです。

    インスリンの量や働きが正常であれば、食後に上がる血糖値をインスリンが制御し、処理されます。けれどインスリンの機能がうまく働かなくなるのは、上記に挙げた理由、ストレス、暴飲暴食、肥満、運動不足などの生活習慣を行い続けることによってインスリンは減少してしまうのです。それによって血糖値が上がってしまいます。つまり血糖値の鍵を握るのはインスリンと言って過言ではないのです。

     

    糖尿病予備群

    高血糖であること自体はなんら自覚症状がないのです。高血糖によって引き起こされる、糖尿病も身体が決定的なダメ―ジを受けて初めて受診し、深刻な事態に陥ることも多いので、糖尿病の危険因子を持った潜在的糖尿病予備群は多いと思われています。

    糖尿病にはなりたくないですよね。では糖尿病予備群とはどの程度の血糖値からと考えていいのでしょう。一般的には空腹時の血糖値が100㎎/dlと腹部のサイズなどともあわせてはかります。もし生活習慣などに心当たりのある方は、血糖値の検査をぜひおすすめします。また糖尿病の方が自己管理として使う簡易血糖測定器を準備するのもおすすめです。できれば基準値の

    • 空腹時血糖70~109㎎/dl
    • 食後140㎎/dl未満

    が理想です。もちろんインスリンの分泌に異常がなくても人間の体は常に変動しており、特に食事前、食後等々変わってきます。けれどインスリンの量、働きに異常をきたせば、この数値と比べて高い、または低い数値が出易くなるのです。また糖尿病になってしまい、合併症を引き起こせば完治は困難になります。

    血糖値の定期的な検査をおすすめしたいのはそのためでもあるのです。糖尿病の合併症としてよく知られているのは、失明や心臓病、脳卒中、または人工透析が必要となるなど、大変な病気です。なるべく早く自分が高血糖であるのか、知りたいところです。というのも糖尿病になっても自身で血糖値をコントロールできれば合併症の発症のリスクを抑えることができるからです。

    血糖値を下げよう

    血糖値を下げるために行いたいのは、まずは生活習慣の見直しです。さきにもあげたストレス、暴飲暴食、肥満、運動不足の改善です。一つひとつ見直してみましょう。そして医師にもかかり、食事や運動のアドバイスを受けましょう。

    食事のポイントとしてはカロリーや脂質の多いものは避けることです。食物繊維やビタミン、ミネラルなどもきちんと摂ることがおすすめです。食物繊維は糖の吸収を抑える働きもあります。また有名ですが、たまねぎも効果的です。血液をサラサラにしたりミネラルも豊富なことからおすすめの食材です。

    バナナやオクラ、ゴボウ、ブロッコリー、ニンニク、ほうれん草、リンゴ、なども積極的に摂りましょう。食前にヨーグルトを食べるのも有効な方法です。きのこ類も免疫力を高めますし、海藻類も摂りましょう。また主食をたまには玄米や麦に変えてみても。そのように食生活を変え、運動もし、お酒も控える・・・。確かに現代に生きる我々にとってそれは困難でしょう。近づけることはできるかもしれませんが、忙しい毎日を縫って、運動をし、付き合いのお酒も控えてばかりはいられないかもしれません。ではそれにプラスしてサプリメントを利用してはいかがでしょうか。

    例えば血糖値を下げるカギとなるインスリンの調節ができるサプリメントを選ぶと効果的でしょう。亜鉛はインスリンの代謝異常に効果があると言ったデータも出ています。そのようにインスリンの代謝異常を正常化させるサプリメントや、さきにあげた食事を摂るのが困難な場合のそれらに代替するサプリメントも効果が期待できます。

     

    まとめ

    健康的な生活、バランスの良い食事や、質の良い睡眠、ストレスをためないなどといったライフスタイルを確立することから始めましょう。そして軽くでもいいので運動をすることも心がけましょう。そうすればインスリンの分泌も正常になり、高血糖を抑制してくれるはずです。

    当たり前のようですが、健康にはそのような生活が最もよいのです。そして高血糖を避けたい、糖尿病予備群である、といった方は積極的にサプリメントを摂取し、インスリンの代謝を正常化し、糖の吸収を抑えたり、血液をきれいにするなどを試みれば、健康な体へ必ず近づくことができます。