気になるサプリの総合情報サイト

ヘモグロビンa1cと糖尿病におけるその基準値

このページでお伝えしたいこと

     

    14266599

    hba1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー と読みます)は、糖尿病の診断に欠かすことのできない検査です。血糖値(空腹時血糖値や随時血糖値、ブドウ糖負荷後2時間値のいずれか)とhba1c値によって、糖尿病かそうでないかを診断します。

    ここでは、hba1cの糖尿病基準値や目標値などをはじめ、基本的なhba1c値についてわかりやすくお伝えしています。

     

    糖尿病治療におけるヘモグロビンa1c値の基準値(国際基準値、NGSP値)

    基準範囲:4.6%〜6.2%
    糖尿病診断基準:6.5%〜

    血糖コントロールの評価とその範囲

    優:6.2%未満
    良:6.2%〜6.9%未満
    可(不十分):6.9%〜7.4%未満
    可(不良):7.4%〜8.4%未満
    不可:8.4%〜
     ※日本糖尿病学会データ参照

     

    hba1c検査はどんな検査なの?

    hba1c検査とは、赤血球中のヘモグロビンがブドウ糖とどれくらい結合しているか(グリコヘモグロビン)を示している数値になります。
    単位は%です。

    これは、血液中のブドウ糖とヘモグロビンが結合している割合で、過去一ヶ月〜二ヶ月の血糖の状態を示した数値です。血液を採取して、分析機にかけて検査を行います。

     

    hba1c値は血糖値よりも安定している

    通常、血糖値(空腹時血糖値、随時血糖値など)に関しては、直前の食事などによって数値が変化していきますが、hba1c値に関しては、過去一ヶ月〜二ヶ月の血糖値に比例して数値が上下します。食事の前後で数値が変動しないので、血糖値よりも安定した数値を確認することができます。

    ですので、検査の前の暴飲暴食を控えたからといって、その影響が検査に反映されることはありません。ある意味、ごまかすことができない数値といってもよいでしょう。

    このように、血糖値と比べ安定して血糖の状態を知ることができる数値ですので、血糖値よりも確実な数値として糖尿病の診断に利用されています。

     

    ヘモグロビンa1c値が基準値よりも高いときは

    hba1cの検査値が基準値よりも高くなる理由としては、直近の一ヶ月〜二ヶ月の間で血糖値が高すぎる時期が続いていたということになります。6.5%を超えている場合は糖尿病が強く疑われる数値です。

    初期の糖尿病は自覚症状も少ないため、気づかないうちに糖尿病が進行していき、動脈硬化をはじめとした合併症を併発することもあります。hba1c値が基準値より高い数値だったときは、糖尿病を意識して、hba1c値のコントロールを意識的に行っていくことが非常に重要なポイントとなります。