気になるサプリを体験レビュー!口コミや効果、成分で徹底比較しています

糖尿病の本当の怖さは合併症にあり

 

pictures120

糖尿病予備軍だから、軽度の糖尿病だからといって「まだ大丈夫」だと思っていませんか?

糖尿病は、症状の重症度よりも合併症の方が怖いものです。

合併症は軽度の糖尿病であっても起こる可能性があるので、早い段階から対策しなければいけません。

どのような合併症が起こりやすいのかをご紹介します。

 

糖尿病の代表的な3大合併症

糖尿病が引き起こす代表的な3大合併症は、網膜症、腎症、神経障害です。

これら3つの症状に共通しているのは、いずれも血管が細いということ。

太い血管の病気は糖尿病でなくても合併症を引き起こすことがありますが、細い血管の病気は糖尿病を患っている人の方が起こりやすくなります。

糖尿病が発症してから長い期間が経過している人や、血糖値のコントロールがうまくいかない人ほど合併症を引き起こしやすく、進行も早くなるのが特徴です。

また、糖尿病になると細菌への抵抗力も弱くなってしまうため、一度感染するとなかなか治らなくなります。

合併症を引き起こしやすいだけではなく感染した病気が治りにくいのが、糖尿病の合併症が怖いと言われている理由の1つです。

 

糖尿病網膜症の症状とは

糖尿病網膜症というのは、眼に起こる糖尿病の合併症です。

眼はカメラの構造によく似ているのですが、カメラでいうところのフィルム部分(網膜の血管)に異常が起こります。

その他、カメラのレンズ部分(水晶体)に異常が起こる白内障、カメラの絞り部分(虹彩)に異常が起こる緑内障といった、視力障害の合併症が起こりやすくなります。

特に、網膜症は症状が進行すると失明してしまう可能性もあります。

糖尿病網膜症になったら1~2か月に1回もしくは、半年に1回は病状を確認しなければいけません。

 

糖尿病腎症の症状とは

糖尿病腎症というのは、腎臓の働きが悪くなって起こる糖尿病の合併症です。

腎臓は血液をろ過して尿を作り出す働きを担っていますが、その働きが悪くなってしまうと尿内のたん白過多が起こります。

症状が進行すると、血液中に濾過しきれなかった有害物質がたまってしまいます。この状態が続くと腎不全や尿毒症の引き金になり、命にかかわる事もある危険な合併症です。

腎症は血液をろ過する機能の状態によって、1期から5期にまで分けられます。状態応じて血糖・血圧・むくみのコントロールが必要です。

 

糖尿病神経障害の症状とは

糖尿病神経障害というのは、神経に異常が起こることで引き起こされる合併症です。

血糖値が高い状態が続くと、インスリンの働きが悪くなり神経障害が起こります。その結果、神経の信号がうまく伝わらずに手がしびれたり、足の裏に痛みが起こってしまうのです。

放置しておくと感覚が麻痺したり、眠れないほどの強い痛みに変わってしまう危険性があります。

また、自律神経に影響が及ぶと、排便障害や排尿障害、胃のもたれ、EDといった症状が出やすくなるので注意が必要です。

ただし、排便障害は大腸の腫瘍、排尿障害は前立腺肥大といった他の病気でも起こることがあります。

いずれの場合も血糖コントロールが最優先ですが、症状によって内服薬が用いられることもあります。

 

動脈硬化と糖尿病の関係

3大合併症には含まれていませんが、動脈硬化も起こりやすい病気の1つ。

糖尿病は血管に関係した病気の合併症を引き起こしやすいので注意が必要です。

動脈硬化は、動脈部分の壁の弾性が無くなって血管が詰まりやすくなることで起こります。

加齢によって血管の弾力を失うのは自然老化なので防ぎようがありませんが、血圧や血糖値、血中脂質などの血液異常があると症状が進行しやすくなります。

血液中のLDLコレストロールが高く、HDLコレステロール値が低くなると動脈硬化を促進してしまうので、定期検診や健康診断の値を確認しておくといいでしょう。

動脈硬化は、さまざまな病気を誘発します。

特に、糖尿病を患っている場合には狭心症や心筋梗塞脳、動脈の詰りが原因の脳梗塞など、命を脅かす病気を引き起こす危険性があります。

 

その他、気をつけておきたい合併症について

糖尿病になると、インフルエンザなどの季節性のウイルスや、その他の様々な細菌に感染しやすくなります。

しかも、一度感染すると治りも遅いので厄介です。

例えば、水虫やカンジダなど皮膚の感染症にかかりやすくなります。

内臓系の感染症だと気管支炎、肺炎、腸炎、膀胱炎などが多く、しかも症状が重症化しやすいので注意が必要です。

口内トラブルの歯周病は、糖尿病を患っていると感染率がかなり高くなります。定期的に歯科受診して早期発見・治療を心掛けるようにして下さい。

 

まとめ

糖尿病予備軍だから、まだ病状が軽いからといって安心してはいけません。

糖尿病の状態に関係なく、糖尿病だというだけで様々な合併症を引き起こす危険性があるからです。

合併症を発症すると治療が複雑になり、治るまでに多くの時間と体力、お金を必要とします。

糖尿病は、合併症を発症してしまう前に改善するのが一番。

検査の結果糖尿病だということが分かったら、今から出来る対策を1つずつ始めていきましょう。