気になるサプリを体験レビュー!口コミや効果、成分で徹底比較しています

ブドウ糖負荷試験値と糖尿病におけるその基準値

 

16978150

 

ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)とは、空腹時血糖値やhba1c値により糖尿病であることが疑わしい場合に行われる検査です。10時間程度絶食した後に75gのブドウ糖を溶かした液体を飲み、30分後、60分後、90分後、120分後の血糖値を測り、血糖値の動向を調べます。

ここでは、ブドウ糖負荷試験の基準値や、検査内容などについて詳しくお伝えしています。

 

糖尿病治療におけるブドウ糖負荷試験値の基準値

正常型:
ブドウ糖負荷試験前:〜110mg/dl
負荷試験後2時間値:〜140mg/dl

糖尿病型:
ブドウ糖負荷試験前:〜126mg/dl
負荷試験後2時間値:200mg/dl〜

ブドウ糖負荷試験はどんな検査なの?

 

ブドウ糖負荷試験 (75gOGTT)とは、空腹時に75gのブドウ糖を溶かした液体を飲み、その後に血糖値の変化を調べる検査です。主に2時間後(120分後)の検査結果が診断の基準として用いられます。単位はmg/dlで表されます。

インスリンによる血液中の糖分を分解する能力を調べることができる、糖尿病の確定診断に欠かせない検査になります。

2時間後の検査値が200mg/dl以上の場合は、糖尿病の疑いがあると診断されます。

 

ブドウ糖負荷試験値を確認する目的とは

食事のあとだけ血糖値が上昇し、糖尿病になりやすい体質の人も中には存在します。そういった体質の方は、空腹時血糖値だけではなかなか見つけることができないため、ブドウ糖負荷試験値(75gOGTT)を参考にして、糖尿病の診断をします。

通常は、空腹時血糖値やhba1c値にて数値に異常が確認され、「糖尿病型」であると判定された後に、その結果改めてブドウ糖負荷試験の対象となります。そこで改めて「糖尿病型」と判定されたら、糖尿病と確定されることになります。つまり、糖尿病であると確定するために利用される検査ということになります。

ブドウ糖負荷試験値で高い数値が出た際は、糖尿病であることが考えられます。糖尿病は、初期症状がわかりにくく、症状が悪化して合併症を併発してから判明することも多いです。

合併症を併発しないためにも、ブドウ糖負荷試験値にて高い数値が出た際は医師の診断に沿って、食事や運動、生活習慣の改善をしながら定期的に検査を行い、血糖値をうまくコントロールしていくことが非常に大切です。